1. 日语等级首页
    2. 考试动态
    3. 考试报名
    4. 成绩查询
    5. 历年试题
    6. 复习资料
    7. 复习方法
    8. 答疑精选
    9. 学员心声
    10. 日语等级论坛
外国人难以理解的日本常态3则
来源: 环球网校 2015-08-20 10:45:58 频道: 日语等级考试
  【摘要】日语等级考试是由日本国际交流基金会和日本国际教育支援协会举办的国际范围的等级考试,分为5个级别(N1、N2、N3、N4、N5,N1为最高级),N1与原日本语能力测试1级相比,加深了高难度部分,但评分更加灵活,及格线基本相同。N2与原日本语能力测试2级水平基本相同。N3介于原日本语能力测试2级与3级之间的水平(新设)。N4与原日本语能力测试3级水平基本相同。N5与原日本语能力测试4级水平基本相同。去日本大学留学需要通过一级考试,在一级考试中获得前300名者,可获得大学提供的奖学金。为了满足越来越多希望留学日本的同学需求,方便大家备考,下面请跟随小编的整理,来看外国人难以理解的日本常态3则,希望对同学们有所帮助。   国際化社会と言われ、国境の垣根がどんどん低くなっている昨今、わざわざ留学や海外旅行をしなくても、海外で何が起こっているか随分簡単に分かるようになってきました。とはいえやはり国が違えば、さまざまな習慣や文化も異なるわけで、そんなカルチャーギャップに驚くということはまだまだたくさんあります。筆者はオーストラリアに移住し、もう10年近く経つのですが、日本人には当たり前でも外国人にとってはビックリということに時々気づかされます。今回はそんな筆者の個人的体験から見えたギャップについて、ご紹介したいと思います。   如今的社会被称作国际化的社会,国境间的围墙也渐渐消失,不用特地去留学或国外旅行也能很简单随意地了解到国外发生了什么。虽然这么说,国家不同的话,各种习惯和文化也不同,有很多时候会惊讶于文化差异。笔者移居到澳大利亚,尽管快10年了,还是能时不时感觉到一些对于日本人来说很想当然,对外国人来说却不可思议的事情。这次笔者就个人经验所感受到的差异进行下介绍。   単身赴任という働き方が浸透している。   单身赴任这种工作方式深入人心。   日本では働き盛りのお父さんが単身赴任、、なんていうことが珍しくないと思いますが、家族を大事にするオーストラリア人からすると、“信じられない!”と驚くようです。家族と離れ離れになるからには、それ相応の報酬がなければ、という人もおり、一般的な給与でも単身赴任を受け入れることにびっくりのようでした。そこまでして働くことに、日本人の会社への忠誠心を感じる人もいれば、家族と離れてまで仕事を続けるメリットは絶対ないという断固反対派も。。家族という存在にプライスレスな価値を置くならば、単身赴任という形態がこれだけ普及していること自体が驚異的に映るのでしょう。   在日本,壮年的父亲单身赴任是很平常的事情,但是对于十分珍惜家人的澳大利亚人来说是“无法想象”的讶异。有人认为和家人疏远应该要有相应的报酬作为代价,仅仅以一般的工资而接受单身赴任,这样会觉得很惊讶。有人认为工作到这份上能感受到日本人对公司的一种忠诚,也有坚决的反对派认为工作到要和家人分离是毫无利处的。如果把家人的存在视作极其珍贵、无价之宝的话,单身赴任这一种形态能够这么普及,本身就反映出不可思议了吧。   日本人は礼儀正しくて、というイメージなのに、性表現についてかなりゆるい。   相对日本人有很懂礼节的印象,关于性的表现却很随意。   一般的に日本人と言えば、礼儀正しくて、大人しいというイメージがあります。ところが性表現に関してはかなり規制がゆるいことに、驚きを覚える人もいます。電車のつり革広告にかなり過激な表現がたくさんあったり、未成年者が簡単に手に取れるマンガにも過激な性描写があったり……。日本人はセックスレス率が高く、20代30代でも未経験者な人が多いという統計もある一方で、世界有数の風俗産業が発達しているという現実。この摩訶不思議な現象に、興味と戸惑いを覚える外国人は決して少なくありません。   一般说到日本人,印象中都是很懂礼节、很成熟的。但对于性的表现,规章制度极其松弛,有人对此觉得很不可思议。电车上吊环处的广告有很多是十分过火的,未成年很简单就能拿到手的漫画里也有很过度的描写。日本人性冷淡者比例很高,有统计表明二十几岁、三十几岁还没有性体验的人十分多,另一方面又是世界中屈指可数的风俗产业十分发达的国家,这就是现实。对于这种非常不可思议的现象,很多外国人又感兴趣又很疑惑。   [wj]耳かき[/wj]を使って耳そうじがあり得ない   用挖耳勺进行耳朵清理不可思议   これは筆者の体験なのですが、家で耳かきを使って耳掃除を始めたところ、オーストラリア人にびっくりされました。曰く、『それは耳そうじなんてものではなく、立派な医療行為だ。自分だったら絶対やらない。医師でもないのに、まして耳の中が見える訳でもないのに、そんな異物を耳に入れるなんて信じられない!』のだそうです。私としては、子どものころからの習慣で何気なく始めたことだっただけに、驚きました。でもたしかにオーストラリアの薬局に行っても、綿棒はあっても、耳かきは売っていません。もちろん耳かきという習慣もないのです。オーストラリア人の夫に聞いてみたところやはり、耳そうじはあり得ない、のだそうで、   这是笔者的自身体验。在家里用挖耳勺进行耳朵清理的时候,澳大利亚人吓了一大跳。理由是“那才不是简单的耳朵清理,是很正式的医疗行为。自己绝对不做的。又不是医生,又看不见自己耳朵里面,无法相信要把那个异物塞到耳朵里面!”就我自己来说,这是孩提时就养成的习惯,也没什么大不了的自然地就会进行清理,(对于以上言论)也觉得诧异。但是确实是的,去澳大利亚的药店,有棉棒,就是没有挖耳勺。当然也就没有清理耳朵这种习惯。问了澳大利亚人的老公,果然清理耳朵很不可思议。   「日本人なら、女の人が膝枕して、耳そうじしてもらうのが、男の理想(?)なんだよ」   と言ってみましたが、なんともピンとこない表情をされただけでした。膝枕というのもそんなに魅力とは思われていないようです。日本では膝枕で耳かきを行うお店もあるようですが、それも日本ならではのサービスなのでしょう。   “日本人的话,枕在女人的腿上,让她帮你清理耳朵,这不就是男人的理想嘛”   我这么说了,老公也只是很茫然的表情。貌似枕在腿上对他来说并没有很大吸引力。在日本还有专门枕在腿上为人清理耳朵的店,难道这也只是日本才有的服务吗?!   いかがでしょうか。“日本の常識は世界の非常識”というのは、まだまだたくさんあると思いますが、やっぱり文化や習慣って不可思議なものですね。   如何?“在日本是常情,而在世界范围是非常规”的事还有很多,果然,文化和习惯是不可思议的啊。
环球网校官网|环球职业教育在线|中国职业教育领军者 - 大奖娱乐_大奖娱乐888_大奖娱乐官网

404

网站地图