1. 日语等级首页
    2. 考试动态
    3. 考试报名
    4. 成绩查询
    5. 历年试题
    6. 复习资料
    7. 复习方法
    8. 答疑精选
    9. 学员心声
    10. 日语等级论坛
【日本文化】关东关西饮食文化大不同
来源: 环球网校 2015-08-12 09:46:57 频道: 日语等级考试
  ▼だし   ▼鲜汁汤   関東: かつおだし。ダシに使うのは、魚ダシが主流です。また、使用する水も同じ水道水なのですが、関東では硬水と呼ばれるミネラル分を多く含んだ水を利用しています。   关东:鲣鱼汤。鲜汁汤里使用的主要是鱼类材料。另外,虽然使用的水也是管道水,但是在关东使用的是含大量矿物质、被称作“硬水”的水。   関西: 昆布ダシが多いです。軟水と呼ばれるミネラル分を含まない水を利用しているので、昆布のダシがよく出て、出汁自体に味が沁み込みます。   关西:海带汤比较多。因为使用的是不含矿物质的软水,常常提供能让鲜汁汤深入自身的味道的海带汤。   関西のだしといえば、昆布だし+薄口しょうゆ。関東のだしは、かつおだし+濃口しょうゆというのが一般的です。日清の「どん兵衛」は関西と関東で、うどんつゆの味付けを変えていることも有名ですね。   说到关西的鲜汁汤,就是海带汤加上淡酱油。而关东的鲜汁汤,一般就是鲣鱼汤加上浓酱油。日清的“丼兵卫”,也因它关东关西的乌冬汤的调味不同而闻名。   実は関東の人はつゆは飲むものではなく、絡めるものとして捉えているようです。したがって、つゆを飲むことが少ないようです。関西では、つゆは「だし」と呼び、うどんなどの場合でも最後まで飲み干すことがあります。   实际上,关东的人不把汤汁作为喝的东西,而是用作浇头。因此,喝汤汁的情况很少。而在关系,汤汁被喊作“だし”,吃乌冬面什么的时候到最后会把汤汁给喝干。   ▼うどん・そば   ▼乌冬面、荞麦面   関東:たぬきうどん。うどんに揚げ玉(天カス)を入れたものです。関東ではどこのお店でも見かけますが、関西ではまず見かけないメニューです。   关东:阳春面。在乌冬面里加上天妇罗渣后的汤面。这在关东无论哪个店都能见到,但是在关西却是几乎找不到的菜单。   関西:きざみうどん。関西には揚げをきざんで入れた「きざみうどん」というのがあります。九条ネギを入れて、とてもシンプルなうどんです。   关西:碎豆腐乌冬。在关西则是把油豆腐切碎放入,做成“碎豆腐乌冬”,把九条葱放进去,特别简单的乌冬。   関東には「きつねそば・うどん」「たぬきそば・うどん」が存在するが、関西には「きつねそば」や「たぬきうどん」は存在しない。京都は「たぬき」と注文すれば、きざみうどんのあんかけが出てきます。   在关东有“油豆腐荞麦面/乌冬面”“阳春荞麦面/乌冬面”,而在关西这两种都不存在。在京都如果点“阳春面”的话,碎豆腐乌冬就会被端上来。   ▼食パン   ▼面包   関東:基本の6枚切。全国的に主流のようです。   关东:基本的六片装,据说在全国是主流。   関西:やや厚めの5枚切。関西では、こちらの人気が高いようです。   关西:稍微厚一点的五片装。在关西,据说是这种的人气更高。   全国的には、メインとなる6枚切りが売れ筋の中心ではあるのですが、近畿圏では5枚切りの方がよく売れています。   在全国,畅销商品是以六片装为主,但是在近畿圈则是五片装更好卖。   これは東日本がパリッとした食感を好むのに対し、関西はたこ焼きやお好み焼きなどの“コナモン文化”に代表されるようモチっとした食感が支持されているからではないでしょうか。   这是因为和东日本喜欢硬而脆的口感相对,关西则喜欢以章鱼小丸子、大阪烧等为代表的“面食文化”,支持糯糯的口感的原因吧。
环球网校官网|环球职业教育在线|中国职业教育领军者 - 大奖娱乐_大奖娱乐888_大奖娱乐官网

404

网站地图